30代で薄毛になる3つの原因を知りたい!

30代になってから薄毛になる3つの原因とは?

30代で薄毛になりやすくなる3つの原因とは?

30代といえば、若かった20代が終わりこれからさらに大人の女性になっていくという年代です。20代は派手なヘアスタイルだったけれど、30代ではきっちりとしたヘアスタイルにする方も少なくありません。

 

しかしながら、30代を過ぎてから薄毛に悩み始めるという女性は多いです。30代を過ぎてからの薄毛はどのような症状なのか、対策はどのようにすればいいのか確認していきましょう!

 

どのような症状があるの?

30代の女性が薄毛だと感じるのは大きく分けて3つあります。ここで、代表的な3つの症状を上げてみました。

 

髪の毛のハリやコシがなくなっていき、ボリュームが減ってしまう

薄毛の初期症状として、髪の毛にハリやコシがなくなってきます。そして、全体的に髪の毛のボリュームが減ってきたように見えてきます。

 

地肌が目立ってくる

髪の毛を分けている女性は特に感じることですが、分け目の地肌が非常に目立ってきます。髪をとかしていたり、セットしているときに気づいてしまうことも多いです。

 

範囲は前頭部から頭頂部にかけて

髪の毛が細くなったり、薄毛になったりするの範囲は主に前頭部から頭頂部にかけてです。これは、男性女性も同じではありますが、脱毛分子は皮脂から作られるのですが主に前頭部や頭頂部にかけて多く分泌されるためなのです。

 

原因は何なの??

原因は人それぞれなので、これからあげるもののうちどれか当てはまる方が少なくないと思います。

 

ヘアカラーやパーマのかけすぎ。。

20代の頃、派手派手なヘアスタイルにしていた。ブローやカラーリングをしていた。その反動が30代になってからき始めた。。なんてことも少なくありません。過度なヘアカラーやパーマなどをすると、毛根や頭皮にダメージを与える恐れがあります。髪の毛の表面にあたるキューティクルも傷めてしまい、髪の毛にコシがなくなってきたりします。

 

ムリなダイエット

体重を気にする女性は非常に多いです。体重を減らそうと意気込んでしまうあまり、食事制限をしてしまう女性もいます。食事制限をしてしまうと体の代謝機能が下がってしまい便秘になりやすいというのはご存じの方も多いかもしれません。実は、食事制限をするとホルモンバランスが乱れたり、ストレスがたまりやすくなってしまいます。結果として、自律神経の乱れにつながる恐れがあるんです。自立神経の乱れ(イライラなど)があったいりすると、交感神経が優位になってしまい血流が悪くなってしまいます。結果として、毛細血管に栄養分がいきわたりづらくなってしまうんです。

 

女性ホルモンの減少

主に30代後半からにはなりますが、女性ホルモンがの分泌が減少してきます。加齢による老化現象によるものです。結果として、男性ホルモンの働きが強くなることから、髪の毛が抜けていきやすくなってしまいます。

 

 

これらの悩みをお持ちの方におススメできるのがマイナチュレです!

ホーム RSS購読 サイトマップ